ブログトップ

スタッフの日替わりDiary (ふぁいんはうす)

finehouse.exblog.jp

<   2018年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

つらら

申請に行った先で、立派な氷柱を発見。
あ、つららって「氷柱」って書くのですね!

ふぁいんはうすの事務所は、どかんと雪が落ちないし、大きなつららも出来ないそうです。
なぜなら、天井の断熱性能が良いので、暖気が小屋裏に逃げにくく、
雪の落ちにくい屋根材だからです。
雪が降った後の屋根を見れば、ハウスメーカーの断熱性能がわかりやすいですよ。
小林でした。
e0339444_15042407.jpg

[PR]
by fine-house | 2018-01-29 15:20 | すたっふブログ | Comments(0)

ホスクリーンの物干し竿

ふぁいんはうすのお家についている
洗濯物の室内干し用金物「ホスクリーン」

専用の物干し竿があります。下の画像。
ステンレスの丸い物より、お値段は高いと思いますが
白いので、見た目は良いです。

機能としては、四角いので、ハンガーが落ちにくい。
竿も落ちにくい。
あと、両サイドがシリコン製で柔らかいので
壁にぶつかっても、傷になりにくい。ことでしょうか。

楽天などで「ホスクリーン 物干し竿」で検索してみてください。
長さが2種類あります。
小林でした。
e0339444_10365751.jpg

[PR]
by fine-house | 2018-01-20 10:44 | すたっふブログ | Comments(0)

2.高断熱住宅は、アレルギー等の症状も改善する

住まいの断熱性能を高めると、「ヒートショックリスク」を低減できるだけでなく、
実はアトピー、アレルギー性鼻炎、喘息等の症状も緩和される傾向がみられることがわかっています。
e0339444_14264495.jpg







(図1)の表を見てください。

これは、近畿大学の教授が、
新築住宅に引っ越しをした2万人以上の方々を対象に、
転居後の住宅の断熱グレードと住まいの健康影響に関して
アンケートを取った結果です。

これを見ると、断熱性能の高い住宅に
引っ越した人の方が、
アレルギー症状が改善された傾向が高いということが
わかります。

下の3、4、5が断熱グレードを表します。
3・・・平成4年度基準(古い基準)
4・・・平成11年(H25年)基準<当時国が定めていた省エネ基準>
5・・・それ以上の高断熱住宅

★平成30年の今は、平成28年基準となっています。

あと、この表から注目すべきは、国が定める省エネ基準よりも
高い断熱性能の住宅に引っ越した方が、症状の改善傾向が高いことがわかる事です。

つまり、アレルギー等の健康症状改善を考えると、
国の基準では満足せず、より高い断熱グレードにこだわった方が
「健康」という観点からは望ましいということです。

私たちが思っている以上に、住まいの断熱と健康とは密接な関係が
あるようです。

小林




[PR]
by fine-house | 2018-01-17 15:05 | これからの住まいづくり | Comments(0)

生食パン屋さん

社長が、長野市役所近くに食パン屋さんが出来ていて
すごい行列だったと言っていました。
有名なパン屋さんらしく、
食パンしか売ってないみたいです。
…調べたら、松本は少し前にオープンしてるんですね~。
そう、松本といえば、ポーランド食器のセラミカって
メーカーのお店もあります。
ずっと欲しい食器があるので行きたいのですが、
子供連れでは行けないかな~。
イオンモールも出来たし、久しぶりにゆっくり松本散策してみたくなりました。









[PR]
by fine-house | 2018-01-11 15:21 | すたっふブログ | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
今日より、通常営業しております。

小林

[PR]
by fine-house | 2018-01-09 13:21 | Comments(0)